Design Journey

One soul One love One heart

「日本古来」の色で選ぶ、和風なwebデザイン

151015

和風なwebサイトをデザインする際、「色」の選び方がとても重要です。
せっかく和風にするなら、昔からある「日本古来」の色を使ってみませんか??
今回は色から、和風なwebデザインの特徴を考えたいと思います。

濃紅色

151015_1
高価であった紅花で染めたことが由来の紅色よりも深みのある濃い紅色。

あきた舞妓

151015_2

花嫁和婚

151015_3

藍色

151015_4
植物の藍の色素を由来とする色で、藍は日本最古の染料と言われている。
江戸時代から明治時代にかけて、庶民の衣服には欠かせない色であった。

東本願寺

151015_5

木の屋石巻水産

151015_6

山吹色

151015_7
植物の山吹の花が由来。赤みのある黄色。平安時代より用いられ、晩春に咲くことから春の季語としても用いられる。
山吹の花が黄金色に似ているため「黄金色」とも言われる。

太秦江戸酒場

151015_8

京都神社婚

151015_9

草色

151015_10
草の葉の色。若草よりもくすみのある濃い黄緑色。
古くからある色で、緑色を総称する色。

宇治茶 祇園辻利

151015_11

藤色

151015_12
藤の花のような優美でロマンチックな淡い青みのある紫。
平安時代の高貴な宮廷の女性から現代の女性に渡って愛され続けている色。

大正大学

151015_13

箱根湯本温泉あうら橘

151015_14

まとめ

日本の古来からの色には自然の名前がついたものが多いですね。
ぜひ色の由来や意味、使われ方なども調べてデザインにとりいれたいです!

シェアする
コメントする

コメントを残す