Design Journey

One soul One love One heart

新米デザイナーに送る、新人の時に私が心がけた7つのこと

151013

デザイナーのみなさまおつかれさまです!
新しくwebデザイナーとして働き始めた方、遅くまで働いていたり、覚えることや仕事量がたくさんあって、とにかく毎日がむしゃらに頑張っていることだろうと思います!
私も最初の1〜2年は、仕事をこなすことにいっぱいいっぱいで余裕がなくなり、心身ともに疲れ果ててしまってました。。
でも、ステップアップしていいものを生み出していくためにはここで負けてられない!!今回いろいろ情報を整理していたら、2年ほど前自分が制作会社に入ってwebデザイナーとして働き始めた頃に、自分用に残してあったメモを発見したので、振り返りの意味も含めて自分が心がけていたことを書きたいと思います。

新人の時に私が心がけた7つのこと

1、常に勉強し続ける!

151013_1

技術職はやっぱり自分のスキルを磨いていく必要がありますから、勉強し続けることが大切です。
もちろん仕事中も勉強ですが、新しいスキルを身につけたり、フォントや色彩の勉強をしたりと、やることが山盛りです。
私も新人だった時は毎日忙しくて終電で帰ったりすることがほとんどでしたが、なるべく時間を作って勉強する必要があるなと感じ、休日や電車の中で色彩検定の勉強をして資格をとったり、最近もまたwebデザイナー検定のエキスパートを受験しました。

他にも、いいデザインを探しに街に出たり、写真を撮りにいったりなどクリエイティブ力を高めていきたいですね!
忙しい中で大変ですが、こんなに刺激的な毎日ってあんまりないと思うので今を大切にしてもらいたいです^^

2、時間をはかりながら作業する

151013_2

これは最初の時に上司にアドバイスされたひとつ。
私は苦手だったんですが、ひとつひとつ仕事に目標時間をもって作業する事。
このバナーを作るのに1時間、この案件は少し複雑だから3時間くらいなど、細かく予定を立てていき、実際にかかった時間と比較します。目標時間より多くかかってしまった場合は、なにが原因か調べて、自分に足りてないもの、今後必要な力を分析します。
そうすると、だんだんコツがつかめてきて同じ作業も短い時間でできるようになりました!
1ページコーディングするのに前は3時間かかっていたのが、今は1時間半くらいでできたりと、自分でも嬉しくなるのでおすすめですw

慣れてきた作業でも、「さらに効率良くはできないか??」と常々考えてなるべくルーティーンワークは時間を短くしていくこと。勉強する時間を確保することにもつながります。

3、引き出しをとにかく増やす

151013_3

最初のうちは特に、バナーを作るにしてもいいレイアウトや表現が思い浮かばなくて時間がかかってしまいます。
先輩の作った物を見て、「どこからそんなアイデアがうかぶのー!?」と驚かされるばっかり。毎回目からうろこ。
これはもういろんなものを見て、自分で作ってみて、体に覚えさせるしかないですね!
先輩も手を動かしてひたすら覚えたって言ってました。
・デザインのまとめサイトをみて研究する
・テクニックを人から真似て自分の物にする(人のPSDファイルなどを見る機会があればチャンス!)
・気になった物はどんどんストックしていく(Pinterestなどがオススメ)
最初のうちは何もアイデアが浮かばなくて大変ですが、1年2年と続けていくと「あ、この前いいなと思ったあれ使えるかなー」とか「この前やったアレにこれを足せばもっといい感じになるかも!」などすんなりアイデアが浮かんできます。
デザインも料理みたいにいろいろと材料があったほうが幅広い物をつくれますからね^^材料集め大切です!

4、積極的に見てもらう、評価してもらう

151013_4

自分でずっと作業してるとだんだん分からなくなってきたりしません?
そういうときはディレクターに相談するのはもちろん、隣の人に見てもらったり、思い切ってトップデザイナーに相談しにいきます。
自分では思いつかなかった意見がどんどん集まって、ブラッシュアップにつながる!
自分が作った物を見せるのは最初は怖いし恐れ多いですけが、新人なんでどんなものでも大丈夫だと思います。
大切なのは、自分がどういう考えでこういうデザインにしたのかということ。
それを説明することができれば、より深いアドバイスと多方向からの意見がもらえて参考になります^^

5、ニュースをチェックする

151013_5

web制作会社で会話についていくには、毎日情報をチェックする事が大切です。
ディレクターとかと話していると知らないマーケティング単語や話題がいっぱいでてきて会話についていけない。。などもしばしば笑
人間なのでもちろん知らないこともありますが、そんな言葉が出てきたらメモして調べておくと「おっ!こいつやるな!」となりますよ!
最近話題になってる流行のデザインやデザインに関するニュースはもちろん、ディレクターやコーダーさんと円滑にコミュニケーションをとるには、新しい技術など、使えなくても知ってることが大切だと思います。
電車にのっている移動時間などにサクっと情報収集やニュースチェックをしておきましょう!

また情報収集の方法などについてもブログで書いていきたいと思います^^

6、しっかり休む日を作る

151013_6

これもアドバイスされたのですが、クリエイティブ職はいいものを作り続ける為には休みも大切!
始めの頃は、はやく仕事に慣れたくて、いろんなことをやってみたくて遅くまで会社に残っていました。
そしたらある日、顔が疲れてると言われて早く帰らされたのです。。自分では毎日楽しんで仕事してるつもりだったのですが、、
自己管理は社会人として当たり前の事。それができていなかったんだなーと反省しました。
毎日しっかり時間をきめて、その範囲の中でがんばること。80%くらいの力でいいんだよとアドバイスいただきました。
そしてしっかり休んだらまた仕事を頑張る!好きだったからなんとも思ってなかったのですが、きっちり分ける事も大切だなと思いました。

7、積極的にチャレンジする

151013_7

私が最初に働いていた会社は人数が少ない会社だったので、社長や営業の方から直接仕事を頼まれるときがありました。
最初はびびりまくりでしたが、どんな仕事でもパンクしそうなとき意外は断らないようにしていました。
バナーやwebデザイン、コーディングの他にも、DTPやプロダクトデザインなんかも頼まれたりして、最初はてんやわんやでしたが、勉強になるし周りからもアドバイスをいただけるのでとってもやりがいがあります^^

でも、あちゃこちゃ手をつけすぎると大変なことに。。
技術職ですが会社で働いているとチームワークが重要なので、人に迷惑をかけないようにすることも大切。
わからなかったら早めに相談する。自分で抱えきれないと思ったら相談する。やり方がわからなかったらあってるのか確認する。
自分自身がしんどくなりすぎないためにも、できる範囲で積極的に新しいことにチャレンジしていきましょう!

まとめ

今回いろいろ思い出してみて、改めて初心に返った気持ちになりました。
「新米デザイナーに送る」というタイトルですが、自分自身も再度心がけていく必要があるなと思います。
もっと効率良く作業できることもあるだろうし、デザインの引き出しもまだまだだし、これから取得したい技術や知識などもたくさんあるし。。
ですが最初の頃の気持ちを思い出して、ポジティブに頑張っていきたいです!
元気に自分らしく働ける方法でぜひみなさんも頑張ってください^^

シェアする
コメントする

コメントを残す