Design Journey

One soul One love One heart

海外ブログ簡単フォロー!自分だけのwebマガジンが作れる「Flipboard」

151109

ニュースサービスと言えば、「グノシー」や「SmartNews」など、自分に必要な情報を選んでキャッチすることができるキューレーション系のものがたくさんあります。
情報収集が簡単になったことで、みなさん一つは登録しているのではないでしょうか?
今回は、その中の一つ「Flipboard」に登録してみたのでレビューを兼ねて紹介します!
(すでに昔からアプリ版はリリースされていたそうなので、今更?って人はすみません。。)

好きなジャンルを集めて、自分だけのwebマガジンが作れる

Flipboardとは?

151109_1
Flipboard」は世界中のニュースを読んだり、記事や動画、 写真を探し、友達と共有できるサービス。

すっきりしたデザインで、シンプルなUIも使いやすいなと感じました。

自分でも雑誌を作れる

さらにFlipboardでは、自分の気になった記事をまとめて、自分だけの雑誌を作ることができます。
Pinterest」の記事版?といった印象。(私はPinterest大好きなので使ってみたい!)

「Flipboard」を使ってみよう

それでは使い方を見ていきましょう。

登録する

まずは登録してログインしましょう。
151109_2
Twitter、Facebook、Google+、メールアドレスで登録できます。

 

151109_3
登録すると、次は「まず7つのトピックをフォローしてください」という指示が。
自分が好きなカテゴリをとりあえず7つクリックして、下の「完了」をクリック。

 

151109_4
これで登録は完了!

気になるカテゴリをフォローする

次に、自分のフォローしたいカテゴリを検索してフォローしていきます。
151109_5
右上の虫眼鏡アイコンからキーワードを入力。

 

151109_6
トップヒットのコレクションが表示

 

151109_7
さらにその下には「webdesign」でこんなに雑誌が出てきました。
海外の記事がお手軽に表示されます。

※「webデザイン」と検索すると、日本語のものがたくさんでてきます。

 

151109_8
気になった雑誌は「フォロー」をクリックしてフォローをしましょう。

これで自分の元に記事が届くようになります!

自分の雑誌を作る

次は自分の雑誌を作ってみましょう!
151109_9
右上の自分のアイコンから、マイページに入り「雑誌を作成」をクリック。

 

151109_10
任意のタイトルと詳細を入力して「新規作成」をクリック。

 

151109_11

 

151109_12

自分の雑誌が完成しました!

自分の雑誌に気になった記事を追加する

自分の雑誌に記事を追加してみましょう。

151109_13
記事の右上にある「+」マークをクリック。

 

151109_14
どの雑誌に追加するのか選択して「追加」をクリック。

 

151109_15
自分の雑誌を見てみると記事が追加されていました!!

私がいいなと思った点

「雑誌感」があって読みやすい

RSS系のものでは、私は「Feedly」を使っています。
「Feedly」もシンプルで最新記事が一目で分かり、とても重宝していますが、「Flipboard」は雑誌を読んでいるような感覚で気楽で楽しいなという印象。

海外ブログが探しやすく読みやすい

webデザイン系の勉強をしている方は、海外のブログも読む機会があると思います。
でも、海外のブログって探すのが結構大変。。「Flipboard」は検索だけで該当の雑誌が表示されるので探す手間も簡単で便利だなと思いました。

気に入った記事が一箇所にまとめられる

今までいいなと思った記事は、TwitterやFacebookでシェアしたり、後で読むものはPocketに入れたり、読み返すものはEvernoteに入れたり。。と記事の保存場所がバラバラで埋もれていく記事もたくさんあったのですが、「Flipboard」なら一箇所で共有も保管もできるのがいいなと思いました。
「後で読む」などの雑誌を作れば、それがリーディングリストになったり、工夫次第でさらによりよくできると思います!

Twitterを見ながら、気になったリンクをそのままフリップできる

Twitterでログインすると、連携され「Clipboard」の中でTiwtterをチェックすることができます。
気になったツイートはそのままフリップやシェアできて便利!

グループ内でのシェアが簡単に

社内などでデザイナー間で参考になった記事を共有するときはどうしていますか?
私はSlackで共有したいなという記事のURLを貼っていたのですが、タイムラインなので流れてしまったりで探すのが困難になったりも。
「Flipboard」は雑誌の編集者をメンバー共有していれば、みなで共有しやすいんじゃないかなと感じました。

 

 

わたしもまだ登録したばかりなのであまり分かってはいないのですが、使い方次第でとても有効に使えるだろうなと感じました!これからもう少し使ってみて、よければまたレビューしたいと思います^^

シェアする
コメントする

コメントを残す